夢のあと

夕焼けを背負いながら砂利道を歩いていた。ランドセルが両肩にずっしりとのしかかってくる。足を踏み出す度にぐじゅり、ぐじゅりと嫌な音が付きまとってくる。
季節はもうとっくに春だというのに、柔らかな向い風を受けながら僕は震えていた。あたり一面は田んぼに埋め尽くされ、人影はどこにもない。僕は、大声をあげて泣き出しそうになるのを懸命にこらえた。そうすることで、何か大切なものを死守できるのだと頑に信じた。

小学校6年に上がる時、僕の通う分校は9km離れた街にある小学校と合併されることになった。前々から覚悟はしていたことだったが、正直なところ、唯一の新6年生である僕が卒業するまで合併はないだろうと思っていたのだ。ところが、たまたま今度入ってくる新1年生の数が中途半端に多かったせいで合併が早まったらしい。
もともと僕の家から分校までが3kmほどあり、いつもは自転車で通っていた。そこからさらに離れた合併先の学校にも自転車で通学している。それがここしばらく徒歩で通う日々が続いていた。何故かというと、端的に言って、僕はいじめにあっていたからだ。今日の放課後の光景がまざまざと蘇ってきた――。

6時間の長い授業が終わり、僕は帰り支度をしているところだった。
「なぁ、なんかクサないか?」
僕の背後で友部が大袈裟に言った。彼はこのクラスのいわゆるリーダーというやつで、小柄ながらもその喧嘩っ早さと家柄の良さで学年全体の頂点に君臨し、いつも周りに威張り散らしている。
「ホンマや、ごっつ田んぼの臭いするわ」
その声を受けて草野が友部に負けないほどの大声で応える。草野の声が引き金となって男子生徒が数人、ぞろぞろと集まってきた。皆一様にニタニタと薄い笑いを顔に張り付けている。担任の教師はさっさと教室を出ていて、もうここにはいない。女子生徒たちはこちらを見てクスクス笑っている。集まってこない男子はそそくさと逃げるように教室から出ていった。僕は独りだった。
「村の臭いは我慢できへんな。近くにおったらさぶいぼ出てくるわ」
友部が言い、洪笑が沸き起こる。クラスで一番身体の大きな草野が、笑いながら僕の首筋を掴んだ。
「臭いモンはあらわなあかん。ま、とれるかどうかはわからんけどな」
僕は草野に掴まれたまま校舎の入口の側にある洗い場に連れて行かれ、ホースで水をかけられた。いくら4月といってもまだ水は冷たい。僕は冷水と嘲笑と屈辱にまみれ、震えていた。唇を噛み締めていた歯も、しばらくするとガチガチと音をたてだした。だが、永遠かと思われた責め苦もやがて終わった。
「つまらんなぁ、もう帰ろうぜ」
友部が、飽きた玩具を放り出すように、味のなくなったガムを吐き出すように言い、それは突然終焉を迎えた。実際彼からすると僕の存在なんてものはその程度のものなのだろう。
僕はもう誰もいない教室にランドセルを取りに行き、学校を出た。
いじめが始まったのは始業式の次の日からだった。教師が僕を紹介する時に言った「……村から」という言葉が、それまでの新しい年度を迎え、弛緩した中にも華やかさのある空気を一変させた。次の日、初日の授業を終えた僕が見たのは、釘が刺さったタイヤの自転車だった。その日僕は9kmある道のりを自転車を押しながら帰ったのだ。

いつの間にか田んぼは途切れ、民家がぽつりぽつりと姿を現していた。1件の民家を通り過ぎる時、不意に横合いから僕を呼び止める声がした。見ると、民家に続く狭い畦道をオートバイを押しながら来る人影があった。
「よぉ、坊主。水浴びか?そらまたずいぶん気ぃ早いなぁ」
知らない人だった。これだけ小さな村だ。10年も生きてくれば大抵の人間の顔は覚える。何も言わない僕を見てその男の人は片手を広げ、肩をすくめた。近くに来ると顔がはっきりと見えた。やはり知らない。年は20代前半だろう。切れ長の目に細い顎。鋭利な刃物のような印象を受けた。眉が太く、それだけが顔全体の中で場違いなほど威厳を帯びて在った。
「ま、言いたくないんやったらええけどな。男ならやる時はやらんとあかんぞ」
そう言って彼はオートバイにまたがり、エンジンをかけた。次の瞬間、僕は自分でも驚くほど大きな声で彼を呼び止めていた。
「あの……!」
彼は被ろうとしていたヘルメットを戻し、こちらを振り返った。
「イヤなことがあった時はな、コレでぶっ飛ばしたったらええんや。どや坊主。乗るか?」
タンクを叩きながら彼は言った。その目は驚くほど真直ぐで、その微笑みに僕は吸い寄せられてしまった。無意識のうちに頷く。

そして次の瞬間、僕は田んぼの間をぬって翔る、一陣の風になった。
広大な空間を、一匹の獣が猛スピードで駆け抜けていく。向かい風が金切り声を上げて追い縋り、流れ行く風景は滲んだ水彩画のように原形を失い、得体の知れない壁となって無言で僕を取り囲む。辛うじて感じられる自分と彼の鼓動とが、唯一僕を現実の世界に引き留めていた。後ろにかかる重力が僕の脳髄を融解する。視覚、聴覚、触覚を失った僕は、ただ鉄の獣に同化し、奔った。

気がつくと僕達は街のガソリンスタンドにいた。西の空が随分と紅く染まってきていたが、不思議と時間は気にならなかった。
「どや? 気持ちよかったやろ」
乗っていたのは実際のところ20分程だろうが、その間絶えまなく発せられていた爆音が僕の耳にしっかりと置き土産をしてくれている。そのため、僕は彼に肩を叩かれるまで話し掛けられていることに気が付かなかった。
「な、気持ちよかったやろ?」
彼がもう一度訊いた。ぎこちない動きで僕の頭が上下する。関節がみしりみしりと悲鳴をあげているようだ。
「すっきりしたやろ。こいつは絶対オレを裏切らんからな。信頼できるヤツがおるっちゅうことは、ええことや」
彼は己を諭すかのような調子で言った。その横顔がとても優しかったからだろうか、僕は彼に、学校でのいじめのことを打ち明け始めていた。

「なるほど」
話し終えた時点で彼はほぅっと息を吐いた。そしてその真直ぐな目で僕の顔を正面から捉える。
「なぁ、そいつらがなんで坊主のこといじめるか、わかるか?」
僕はゆっくりと首を振る。
「よう考えてみぃ。理由があるやろ、な。言うてみ」
僕は散々逡巡した挙げ句、前々から思っていたことを怖ず怖ずと口にした。
「……僕が村の出身だから?」
彼がまた大きく息を吐いた。しかし今度は鼻から、それも唸るような低い声と共にだった。
「……わかってないみたいやな。よっしゃ。もっかい乗れ」
轟音が再び辺り一面を埋め尽くす。が、今度のドライブは短いものだった。街の外れを流れる川の河川敷に着くと、バイクから降りた彼は腰を少し落として両手を広げた。僕は訳が解らず立ち竦んでいる。彼がしびれを切らしたように声を張り上げた。
「坊主! 思いっきり体当たりしてみぃ!」
「え?」
「オレが喧嘩のやり方、教えたる!」
僕が躊躇していると、彼は首を横に振りながら近づいてきた。僕の肩を両手でがっしりと掴み、またあの真直ぐな目で僕を見た。
「ええか、坊主。いじめる奴らっちゅうんはな、相手が抵抗してこーへんから、つけあがってしもうてやめられんようになるんや。と、いうことはや。普段絶対抵抗せえへんと思ってるやつが反撃に出たらどうなると思う? そらぁ驚くやろ。そこが狙い目なんや。なんやかんや言うたかて相手も小学生や。最初に一発食らわして他の奴がひるんどる隙にできるだけそいつをボコボコにする。そしたら…」
「無理や、そんなこと」
僕は彼の言葉を遮って叫んだ。僕が友部や草野と喧嘩する? 出来るわけが無い。
「にいちゃんは、実際いじめられたこと無いからそう言えるんや。そんなことできるわけないやんか」
彼は一瞬悲しそうな顔をして、それから小さく笑って言った。
「坊主。オレもな、昔はいじめられとったんや。物隠されたり、金取られたり、いつものことやった」
彼は僕の顔を覗き込みながら尚も言葉を続ける。
「いっつも自分が情けなくて、悔しくて泣いてばかりやった。でもな、ある時ふとこう思ったんや。後のことはどうなってもええ。とりあえず1回こいつらを見返したいってな。ほんなら後はもう簡単や。油断しきっとる相手に一発食らわせるんは難しいことや無い。後はみんなが呆気に取られとる間にそいつをしこたま殴ったった。そしたらどうなったと思う?」
彼はそこで僕の肩を放し、空を見上げて大きく笑った。茜色の空が彼の横顔をさらに輝いたものにした。
「どうなったん?」
僕の声で彼は笑うのを止め、またしゃがみこんで話し始めた。
「そいつが起き上がってオレの顔面をがつん! や。鼻血出して吹っ飛んで、後はそいつの仲間も入って今度はオレがボコボコや。そこでセンセが止めに入って両方げんこつ」
拍子抜けした。と同時に納得した。やはりいじめは終わらない。抵抗するから殴られるのだ。いじめられている者が抗ったところでいじめる者には痛くも痒くもない。嵐は黙って過ぎ去るのを待つしかないのだと。
「なんや坊主、不服そうやな。確かにな、オレの抵抗なんかちっちゃいもんや。でもな、1回するんとせえへんのとでは全然ちゃうぞ。なんちゅうかな、自分に自信がつくんや。オレでもやればできるんやっていうな。その自信があればまたちょっかいかけられた時にも余裕が出来る。まぁ、それ以来あからさまな嫌がらせはなくなったしな」
そう言って彼は片目を瞑ってみせた。その笑顔を僕は何処かで見たことがあると思った。そうだ、この間世界チャンピオンになったボクサーの笑顔だ。強さの証を手に入れた者の笑顔。自分が自信で満ちあふれている者の笑顔だ。
「今日は遅なってもたな。送っていったろ」
――そして今日3回目の走行が始まった。

バイクの振動と自分の鼓動がシンクロする。まるでガソリンがエンジン内で爆発するように僕の血液が心臓から放出され、全身に滾った。風景が次々と現れては消えていく。風が頬を優しく斬りつけていく。鉄の塊のあげる重低音の咆哮が鼓膜を突き抜けて脳髄を揺さぶっていく。そこはもう、普通に生きていたのでは決して味わえない夢の世界だった。
村の入口に到着する。僕は彼の鼓動を背中越しに感じ、心地よい耳鳴りに浸りながらバイクを降りた。彼はヘルメットのシールドを上げると、右手を差し出した。
「ええか坊主。明日や。明日そいつらに坊主の底力見せたれ!」
僕は曖昧に頷きながらその手を握った。
自信は欠片も無い。でも彼のように笑ってみたいと思った。

翌日の放課後、校門を出たところに彼がいた。僕の顔を見るなり彼は両手を仰向けて膝の前に突き出した。僕は駆け寄ってその両手に自分の両手を叩き付ける。
「ごっつええ顔になったやないか!」
彼は満面の笑みで言った。さっき保健室を出たばかりの僕の顔は、青痣でいっぱいである。口の中も切れているし、唇の端はかなり腫れている。
「草野の顔、見せたかったで。ホンマに吃驚しとった」
まだ蒼い空には雲一つなく、初夏の透明な風が爽やかに踊り去っていった。
「そう言えば坊主の名前、聞いてなかったな。一人前に喧嘩してきた男に坊主は失礼やもんな」
早速タンデムシートに乗り込んだ僕に彼が訊いた。
「鈴木信。信じるって書いて、まこと」
おぅ! と彼が嬌声をあげる。
「オレもマコトいうんや。オレの場合は真実の真でマコトや。石井真。よろしくな、まこと!」
やはり真実は信じる者に訪れるって事か。彼に手渡されたハーフカットのヘルメットを付けながら僕は少し笑った。その声は既にかかっているエンジン音にかき消され、マコトの耳には聞こえない。
「よっしゃ、まことの『男になった記念』でオレの友達に会わしたる。ちょっと遠いけどコイツやったらすぐや」
市街地を軽やかに走り抜け、村とは反対の方向へとバイクで往くこと30分。僕達は山、というより小高い丘のような所の麓に佇む一軒の古い木造住宅の前に着いた。周囲に民家は無く、鬱蒼とした林が広がっているだけだ。遠くから聞こえる鳥の鳴き声だけが澄んだ空気を伝わって辺り一面に響いている。
マコトはヘルメットを玩びながら建物に向かい、あと10mというところまで近づいたところで大声を張り上げた。
「じっちゃん! マコトが来たでぇ!」
そして僕に手招きをして扉を開けようとする。返事は無かったがマコトは全く気にしていないようだ。ノブの無い木造の扉は、がたっがたっと吃りながらやっと半分開けられたところで僕達の侵入を許した。
薄暗い室内は、木の匂いと埃とで噎せ返るような空気が充満していた。マコトは土間で靴を脱ぐと、それを両手に持って顎で部屋の奥を指した。僕もそれに習い靴を手に持ち、さらに暗い部屋の奥へと進んでいった。
突然、ごちん、と音がした。続いて呻き声。どうやらマコトが足元に在った卓袱台に足を引っかけたようだ。僕はぷっと吹き出して、辺りを見回した。居間らしいこの部屋にテレビはなく、先程の卓袱台と仏壇のみが置かれている。ぶら下がっている電球に気付き、スイッチを探す。すぐ側の壁に見つけた。右方向に倒す。反応は無い。その間にマコトも回復したようで、軽く僕を嗜める。部屋の中の物を触るなということだろう。
さらに一つ、部屋を通り過ぎると細長い廊下に出た。それにしても、窓が少ない。どうしてだろうと考えていると、マコトが立ち止まった。すぐに気付かず背中に頭をぶつける。
「何やっとんねんオマエ」
マコトは笑って目の前に在る扉を開けた。今度はノブが付いている。
扉をくぐって驚く。そこは外だった。しかも、暗い。洞穴のような場所に直結していたのだ。マコトはさっさと靴を履き、いつの間に入手したのだろう、懐中電灯を片手に進んでいく。慌てて靴をつっかけ、後を追った。
四方を土で囲まれているトンネルを少し進むと、壁に石が見え始めた。石の度合いは進むにつれて次第に増えていき、遂には石が四方を囲むようになった。僕は土木作業についてはまるで無知だが、これだけ掘り進むには相当の時間と金がかかったのだろうと思った。
突然、穴の奥の方からごつん、ごつん、と鈍い音が聞こえてきた。マコトは意に介する風でもなく進み、その音がだんだん大きくなってくるのと同時に、前方から光が漏れてきた。人間の後ろ姿が見えたのは、さらに10m程進んだ後だった。
「じっちゃん、マコトや」
マコトの声に、小柄な影がぴたりと動きを止め、こちらを振り返る。懐中電灯に照らされて浮かび上がったのは、真っ白な髪の毛と髭に覆われた皺だらけの顔だった。ランプの炎が僅かに揺れ、唯一黒々とした瞳が濡れたように輝いている。肌着からのぞく両の腕は、日光を忌むかのように白く、それでいて筋骨逞しい精悍な土木工然として引き締まっている。そしてその手には巨大な鎚とのみとが握られていた。驚いた。この人はここまで自分の力だけで掘り進んできたのだ。一体どれほどの時間と労力を費やしているというのだろう。僕は後ろに続いている闇を振り返り、思った。
「今日は友達連れてきたんや」
マコトがそう言って僕を彼の前へ押しやる。マコトの行動はいつも急だ。しどろもどろしていると、マコトが背中を小突いてきた。僕はそれでスイッチが入ったからくり人形のように、名前を名乗った。彼は黙って僕の顔を眺めていたが、暫くするとまた背を向けて目前の岩を削り始めた。僕は来てはいけないところに来てしまったのだろうか。マコトはと見ると、すぐ後ろの壁にもたれて座り、ニヤニヤとこちらを見て笑っている。笑いながら、自分の隣に座るように僕を招いた。
「変なじいさんやろ。もうかれこれ20年はこうやって穴を掘っとるんや。なんでもな、ここの鉱脈には伝説の石が眠っとるらしいで。見つけた人は願いごとが叶うんやと」
僕が生まれる随分前からこの人はこんな地道な作業をたった独りで続けてきたのだ。膨大な量の時の奔流が目の前に押し寄せてくる。20年……。僕にとっては想像すらままならない、途方もない時間だ。
「おもろいこと教えたろか。このじっちゃんの名前、佐々木誠ゆーねん。誠実の誠でまこと、や。んでな、まことは小6やから12歳やろ? オレが22で、じっちゃんが72や。なんか漫画みたいな話や思わヘんか?」
以来、僕とマコトは何かにつけておじいさんのところへ遊びに行くようになった。別に何をするわけでも無い。おじいさんの振るう鎚の音をBGMに、僕とマコトが延々無駄話をしているだけだ。おじいさんは、未だ僕と会話を交わしてくれず、いつも黙って岩を削っていた。
マコトは、会話の中で自分のこれまで歩いてきた道のりを時には面白可笑しく、時には涙を誘うようにしんみりと聞かせてくれた。その中で僕は、マコトがボクシングのチャンピオンを目指し、プロテストにも合格していたこと、眼の怪我が元でその夢を諦めざるを得なくなったことを知った。今は親の遺した財産で食いつないどるんや、とマコトは笑う。僕はその時のマコトの悔恨と悲哀と締念の入り混じる複雑な光を持った瞳を忘れることができなかった。
ある日、おじいさんと二人っきりになることがあった。マコトが何か用事があるとかで、僕を送った後そのまま行ってしまったからだ。初めてたった1人で進む洞穴はいつもより暗く、長いようだった。聞き慣れた定期的な鈍い音と光が見え始めて、ようやく胸の鼓動がおさまった。
おじいさんは相変わらず壁に向かって鎚を振るっている。しばらくその様子を黙って見ていたが、僕はこの機会に以前から訊きたいと思っていたことを思いきって訊いてみることにした。
「おじいさんはその石、見つけたら何を叶えてもらうん?」
一瞬、鎚を動かす手が止まる。僕はおじいさんが発するであろう言葉を待った。
暫しの沈黙。
「……ぶんや」
「え?」
「飛ぶんや……空をな」
自分で訊いておいてなんだったが、あまりにおじいさんのイメージとかけ離れていたので(ずっと地中にいる人が空を飛びたい?)、驚いてしまったのだ。そしてもう一つ僕を驚かせたことに、おじいさんの声はとても柔らかかった。僕としてはもっと嗄れた声で話すのだと思っていたので。
「わしはなぁ」
おじいさんは再び一定のリズムで腕を振りながら堰を切ったように話し出した。それがまた僕を驚かせたことは言うまでもない。そして、おじいさんがこの時ほどたくさん喋ったことはこれから先、一度もなかった。

坊主、儂はな、第二次世界大戦の時に帝国空軍に所属しとった。パイロット、いうやつや。精鋭部隊の一員やったんや。それこそ、骨の随から戦闘機乗りの奴らばっかりのな。そんなエリートパイロットの乗る戦闘機や、儂が乗っとったんも1機何百万、何千万する高性能な戦闘機やった。戦場に飛び立つ度に、儂らは自分と、自分が支えとる大日本帝国を誇りに思い、1機でも多く敵方の戦闘機を落とす、船を沈める、それだけを思っとった。
あの日もそうやった。儂は同じ隊の仲間である野村や島田と賭けをした。誰が一番戦果を高く上げれるかとな。その頃は未だ日本側の旗色も悪くなかった。出撃すれば大きく勝って凱旋したもんや。自分達が撃墜されるなんぞ、考えることも無かったんや。そして出撃命令が出て、それぞれが機に乗り込み、滑走路を滑り出した。儂の機は一番後ろやった。先に飛んで行く野村や島田たちに負けてなるものかと勇んどった。でもこれだけは言える。そんな時でも儂はいたって冷静やった。何千回とくり返してきた動作を間違うはずが無い。戦闘機乗り言うんはそういうもんなんや。そうや、今考えたらアレはまさに運命の悪戯っちゅーもんやったんや。
滑走路を走り出した儂の機がいきなり出火した。多分、エンジンか何処かやったと思う。機はもう十分にスピードを出しとる。止めるんは無理や。滑走路をはみ出して海に突っ込んでまう。儂は無線で本部に連絡を取りながらとりあえず浮上した。反転して着陸しよう思たんや。でもな、悪いことは重なるもんや。反転したはいいものの、着陸用の滑車が出て来うへん。しょうがないからそのまま同体着陸や。エンジンから火が出てるのに、や。一歩間違うたら大爆発のところやった。たまたま爆発はせんかったけどな、その時に足をやられてしもた。それ以来儂は戦闘機にも乗れん、兵隊としても働けん。わかるか? そらぁもう、ものすごい屈辱や。
それに輪をかけて、もう一つ信じられんことが起きた。あの日儂を置いて飛んで行った部隊が壊滅状態になった、言うんや。上官から手紙でそう伝えられた時も、信じられんかった。野村や島田をはじめ、遠藤、三浦、五十嵐……皆優秀なパイロットや。あいつらがおって壊滅? 嫌な夢やった。悪夢やった。
そうして儂は苦楽を共にした仲間たちと一緒に死ぬことも出来ず、勿論仇も討てず、指をくわえて日本が負けていくのを眺めとることしか出来んかった。いつも思うことは同じやったよ。飛びたい。もう一度空が飛びたい。

空が飛びたい。
その言葉を最後に、また鈍い衝突音が洞穴内に響きだした。僕は何も言わずに、小さく屈みこんだおじいさんの背中を長い間睨んでいた。いや、何も言えなかったのだ。僕は戦争を知らない。人を殺すこと、人が死ぬことを知らない。でも、おじいさんの気持ちはわかる気がした。僕だってマコトや、おじいさんが急にこの世からいなくなってしまえば、一体自分がどうなるのか全くわからない。
「まこと、帰ろうぜ」
後ろには何時の間にかマコトが笑ってこっちを見ていた。僕はもう一度おじいさんの背中を見て、それから光の世界へと足を踏み出した。
「坊主」
背中越しに柔らかい声が聞こえてきた。振り返ると、おじいさんはさっきと同じように黙々と右腕を振っている。聞き間違えか。さっさと先に行ってしまったマコトを追いかける。
「夢はあるか?」
今度ははっきり聞こえた。おじいさんの声だ。
「今はまだ……よぅわからへん」
おじいさんの肩が小刻みに震えた。
「そうか」
それだけ言ってまた腕を振り上げる。僕は遠くから聞こえるマコトの呼び声に急かされ狭い洞穴を小走りに抜けた。

それから何でもない日常が何ごともなく過ぎていった。友部たちはもう完全に僕に興味を失ったようだった。それでも無視はされるけど、それはこちらも同じことなので痛くも痒くもない。そして、友部たちが離れた分、その他のクラスメイトには何人かの友達もできた。その子たちの家に遊びに行ったり、逆に家に遊びに来てもらったりもした。
マコトは相変わらず時々校門にバイクを乗り付けては、僕をおじいさんの元へと誘った。一度、学校の先生に注意されて、それ以来近くの交差点で待つようにはなっていたが、その他には何も変わったことはなかった。おじいさんの方も、黙々と壁を削ってはあご髭を触ること以外別に変わった様子もない。全ての流れが緩慢になり、そのままずるずると夏休みに入っていった。
うだるような暑さの午前中、理科の宿題である自由研究のために飼育し始めたカブト虫を観察していると、網戸の隙間から風に乗って聞き慣れたバイクの排気音が届いてきた。僕はスケッチブックを置くと、玄関へバタバタと走った。ドアを開けると、マコトがヘルメットを被ったまま黙って後ろのシートを指差した。僕はそこに括り付けられた、僕専用のヘルメットを被って股がり、マコトの腰に腕を廻した。
小屋に着いても、マコトは何も言わなかった。いつもしていたようにドアを開ける時に声をかけることもしない。ひんやりとした洞穴を歩くうちに、妙な圧迫感がしてきた。前を行くマコトは何も言わない。そして、聞こえてくるはずの鈍い音が、今日は無い。その訳は暫くするうちに分かってきた。それでも、僕には信じられないことだった。
おじいさんは、鎚を握りしめたまま自分の前にある石の壁に寄り掛かっていた。
「今日の朝来たら、もう」
マコトがそう言って壁を殴った。のみが石を削る音とはまた違う鈍い音が響く。
おじいさんは、目を閉じて微笑っていた。普通に見た人ならわからないかも知れない。でも、僕には微笑って見えたのだ。
「最後ぐらい空ぁ見ながら逝ったらよかったのになぁ」
おじいさんを外に運び出した後、マコトが誰に言うでもなく呟いた。飛行機雲が一本、東から西へと流れていく。僕はおじいさんの左手を見て、言った。
「いや、おじいさんは空を飛んだんや、きっと」
持ち主がいなくなった小屋は、やがて取り壊されることになった。
僕は、中学生になった。
マコトは、ボクシングのトレーナーになる為に体育大学で勉強している。
洞穴は今も、のんびりと口を開けている。
腹の底で夢の結晶を抱きながら。

了  

戻る