黒笛音楽塾。

 
 

渡邊一毅(わたなべかづき)


県立神戸高等学校を経て2005年東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。

中学校および高等学校教諭第一種免許(音楽)取得。


これまでにクラリネットを藤井一男、延原弘明、村井祐児、山本正治の各氏に、室内楽を四戸世紀、小林裕、村井祐児の各氏に師事。

また、Charles Neidich、大島文子、Richard Stoltzmanの各氏より薫陶を受ける。


室内楽、吹奏楽、オーケストラなど多岐に渡り活動する一方で、指揮活動も含め、後進への指導にも積極的に取り組んでいる。

指導校は全日本吹奏楽コンクール、全日本アンサンブルコンテスト等の全国大会へ多数出場。


2010年に神戸、大阪、東京3日連続リサイタルを敢行、好評を博す。

近年は編曲活動も多く、下記団体において数多くの編曲を手がける。


オブロークラリネットアンサンブル:E♭クラリネット奏者。

ブリッツ・フィルハーモニックウィンズ:コンサートマスター。

東京セレーノバスクラリネットアンサンブル【木炭】、アンサンブル・スコヴィル各メンバー。

また、主宰するトリオユニット「Trymulty」では、ジャンルにとらわれず多種多様な音楽に挑戦している。


東京藝術大学管打楽研究室助手、指揮科助手を経て、

現在、相愛大学音楽学部音楽学科講師。

もう少し詳しく

講師紹介