風が来たりて

白い壁に囲まれた空間に、鉛筆が紙の上を走る不規則な音だけが響いていた。僕は窓際に腰をかけてその音に耳を傾けている。もうすぐ春の兆しが見え始める頃だというのに、空はどんよりと曇っていて、わずかに湿った仄暗い風がガラス越しに僕の横を通り過ぎては引き返したりしていた。
スケッチブックに黙々と向かっているのは、僕の友人である宮口雅樹という少年だった。雅樹は5歳の時にかかった高熱の後遺症で両目の視力がほとんど無い。と同時に病気に対する抵抗力が著しく低下してしまったため、小学校を卒業した今も入院生活を余儀無くされていた。
僕が雅樹と初めて出会ったのは、中学1年の初夏だ。早くもその夏の記録的猛暑を予感させるような暑い日だったのを覚えている。
当時、僕は中学校のオーケストラ部に入ったばかりで、誕生日に買ってもらったヴァイオリンと悪戦苦闘する日々を過ごしていた。胆石を取るだとかで入院していた祖父のお見舞いに行った僕は、病院内のどこかから聴き慣れたメロディが微かに流れてくるのを耳にしたのだ。
ヴィヴァルディの『四季』――。僕がヴァイオリンを始めようと思うきっかけになった曲である。
小学校の4年に上がるとき、僕は大叔父からレコードプレーヤーを譲り受けた。普段からあまり外で遊ぶ方ではなかった僕が様々な種類の音楽にのめり込んでいったのはごく自然なことだった。黒い円盤から音が出るのが不思議で、嬉しくて、親父が持っていたレコードを片っ端から聴いていた。それこそ、バディ・デフランコやルー・リードみたいなジャズからイエス、キング・クリムゾンといったプログレッシブ・ロックまで、手に取った一枚一枚を価値も解らないまま聴いたのだった。
ある日押し入れに段ボール詰めされていた中から発見した一枚のレコードに針を落とした瞬間に、身体を突き抜けて行く極彩色の春が僕の心を鷲掴みにして揺さぶったのだ。以来、ジャケットに描かれたヴィヴァルディの美麗な顔だちが頭から離れなくなった。彼が僕を虜にした瞬間だった。
病院で聞こえてきたのは「秋」の第1楽章だった。何気なく音の出所を探して歩いていると、いつの間にか小児病棟に紛れ込んでしまっていた。小児病棟の患者がヴィヴァルディを聴いている――。それは僕に少なからず衝撃を与えた。僕の周りでクラシックを聴くような友達はいなかったし、そのために僕はちょっとした異端者のようにさえ見られていたからだ。一言で言えば、「変なヤツ」と思われていた、ということなんだけれども。
病室のドアを開けるのに、全く躊躇うことはなかった。自分と同じぐらいの歳か、それ以下の子が自分と同じ感性を抱いている。恥ずかしさを感じるより先に、どんなやつなのか知りたかったのだ。
「誰?」
とその病室の主は最初に訊いた。そして、「看護婦さんじゃないね」と付け足した。僕が後ろ手にドアを閉めた時だった。
さほど大きくない個室の病室は、その面積の半分以上をベッドに占められていて、そこには僕より少し年下だと思われる少年がいた。細い髪はやや長めで、窓から差す西日の所為だろう、ぼんやりと輪郭が淡い橙色に発光していた。
彼はベッドの上に身体を起こして窓の外を見遣っていたので、見てもないのになんでわかるんだろう、と僕は驚いた。と同時に、とっつきにくそうなやつだなぁ、と直感的に思った。きっと霊感少年なんだ。
「僕は水島勇太。君、ヴィヴァルディ好きなの?」
霊感少年は目線を全く変えずに、うん、と言った。
「風の色を教えてくれるからね」
もう何も疑うことはなかった。その言葉がすべてを証明している。彼と僕とは同類なのだ。
僕たちが打ち解けあうのに左程の時間は必要なかった。そして僕は雅樹の目がほとんど見えていないこと、同い年であることを知り、彼が絵を描くことも知った。

そして今、その雅樹が描いているのは、一人の少女の絵だった。
最初、何故目の見えない雅樹が絵を描けるのだろうと不思議に思ったものだ。そう思うのは僕だけではないらしく、誰かがそのことを訊くと、雅樹は決まってこう言って笑うのだ。
「頭に浮かぶ像をそのままなぞってるだけだよ」
一本の鉛筆だけで描かれる雅樹の絵には独特の柔らかさがあり、白と黒の中にも色彩がある。確かに、写真で写したような正確な描写ではない。ところがそのために少々ルーズに描かれる風景や物体は、時には激しく、時には穏やかで、それが何とも言えない懐かしい感じや温かさを僕に与えてくれる。そう、ヴィヴァルディのように僕の心を捕らえるのだ。
その日、学年末テストを終えた足で見舞いに来た僕を、珍しく興奮している雅樹が迎えた。僕がドアを開けるなり、雅樹はそれまで聞いたことのないほど大声で言った。
「勇太、一目惚れって信じるか?」
おお、友よ。君は部屋に入るだけで相手が誰なのか判ると言うのか。
これもまた僕を含め、この病室を訪れる誰もが抱く共通の疑問である。これに関する雅樹の説明は、こうだ。
「誰かが入ってくると、そこから風が来るだろ? 風にはそれぞれ匂いがあってね、それで誰が来たか判るってわけ」
最早僕達には理解出来ない。雅樹は特別鼻がいいわけではなく、風の匂いは嗅覚とは別のところで感じるんだそうだ。ちなみに彼に言わせると、僕の匂いは「夕陽が沈みかけている時にまだ青さを保っている部分の空」らしい。微妙だ。
本題に戻ろう。雅樹は答えに窮する僕をよそに、堰を切ったように話しだした。
「最近同じ夢ばかり見るんだ、いつも決まった女の子が出てきて、そこは岬なんだ、頬を撫でる風がとても気持ちよくて、ほんのり潮の香りがして、僕達は並んで海を見てる、髪の長い綺麗な子で、僕にもその顔がハッキリ見えるんだ、その瞳なんか見てると、吸い込まれそうになるんだ、信じられる?」
そこまでほぼ一息でまくし立てるのを、僕は間抜けに突っ立ったまま呆気にとられて聞いていた。こんなに饒舌になった雅樹を見たのは初めてだった。おばさんや看護婦さんの話によれば、普段も質問に答える以外ではほとんど喋らないらしい。実際、僕と一緒にいる時も彼はほとんどの場合聞き役に徹している。そんな雅樹がこんなにもいきいきと話している。僕も、雅樹をそこまで夢中にさせるその女の子を見たくなった。それで雅樹にその女の子の絵を描くように勧めたのだ。

絶えまなく続いていた音が止まった。それまで眼下に広がる長閑な風景、中学校のグラウンドや小さな公園のブランコで遊ぶ子供の姿を見ていた僕の目が再び病室内へと注がれる。雅樹は両手で体重を支えるようにして後ろにもたれかかり、天井をぼんやりと見ていた。
絵が完成したのだ。
雅樹は満足そうにため息を一つつき、枕を腰に当てるように座り直すと、顔を前に向けたままそれを差し出した。描かれていたのは、肩胛骨ぐらいまでの髪を風になびかせ、こちらの方を振り向いて微笑んでいる少女だった。白いワンピースに包まれた身体は細く、華奢だ。うっとりするほどの美人ではないが、雅樹が魅力を感じるのにも頷ける。
「かわいい子だな」
僕は素直に感想を言った。他に彼女を表せるような言葉が僕の辞書には無かったのだ。
「だろ? その上性格は控えめで、それでいてしっかりしてる。パーフェクト」
雅樹が当然、といった感じで笑った。それから、何事でもないかのように、こう言った。
「なぁ、勇太。僕、この子に会いに行きたい。連れてってくれないか?」
あまりに何気ない一言だったので、最初僕は自分の耳を疑った。
「会うって、どこの誰だか分からないんだぜ? そもそも、ホントにいるかどうか…」
「いるさ、絶対。場所が岬だってこともわかってるんだ。見つけられる」
僕の声を、雅樹のきっぱりとした声が遮った。
唖然としてしまった。捜す? この島国日本で、どこにでもありそうな岬を? 友よ、それが一体どういうことか君は解っているのか。
しかし心のもう一方で、僕は1人の少女にそこまで夢中になれる雅樹に羨ましさを感じていた。僕は生まれて今まで、女の子を好きになったことがまだ一度も無いのだ。そんな僕が恋のキューピッド? なかなか笑える。
それでも、いつも部屋の中ばかりにいる雅樹を外に連れ出してやりたいという思いがあったのも事実だ。それに雅樹もまた、女の子を好きになったことなど今回が初めてだろう。
「ま、今年の授業も全部終わったことだし、じゃあ日本全国岬めぐりといきますか」
雅樹の顔が、満面の笑みに変わった。

少女捜しの旅は、結局僕が1人ですることになった。雅樹は病院を出ることが出来ないし、当然といえば当然なのだが、それでも僕の根底には「なんで俺が」という思いがあった。雅樹もそれを察したらしく、交換条件を提示してきた。それはCDプレーヤーという、今最も僕が欲しがっている音楽の最新兵器だった。聴けば聴くほど音が劣化していくレコードに比べると、CDにデジタル録音された音楽はいつまでも変わらない美しさを保つのだ。最近ようやく一般人の手にも入るようになったそれは、僕にとって野球少年に対するカーボン製の金属バットのようなものだ。物につられるのは癪以外の何物でもなかったが、僕が喜び勇んで岬へと向かったのは言うまでも無い。
さすが親友。僕の扱い方を心得ていらっしゃる。
僕らの住む街は大平洋に面していて、海岸線にそって自転車を走らせるとどちらに向かっても幾つかの岬にぶつかった。その中で雅樹の言う、丘のような坂道を上ったところという条件に当てはまったのは二カ所だけだった。僕はそこへ行ってその風景を写真に収めてくるという指令を雅樹から受けていた。
一つは、烏岩岬と云って、適度な高さと足元で砕け散る大波が海の厳しさを醸し出すことも相まって、自殺の名所となっているところだった。いくらなんでもこんなところにあの少女が来るわけは無いだろう。とは思ったのだが、一応辺りの風景をパチリパチリとインスタントカメラで撮影していった。
もう一つは玄武岬と云うところだった。それにしてもどうしてこの街の地名はこうも不気味な名前が多いのだろうか。玄武って亀の化け物だろう? 昔の人の考えることはよく解らないものだ。
しかし、玄武岬はその名前と裏腹に穏やかな坂道を上った頂上にその先端を持つなかなか景色の良い岬だった。三月に入って間も無い今はまだ風も冷たく、人気の無い岬はどことなく物悲しかったので、写真を撮るのもそこそこに僕は引き上げることにした。
場所の特定は比較的容易にできた。写真を見ながら僕が説明をしていると、最後まで聞かないうちに雅樹はきっぱりと断言したのだ。
彼女が現れるのは玄武岬だ――と。
しかし、実際のところ一番厄介な問題は別のところにあった。雅樹をどうやって外に連れ出すか、である。おばさんはもちろん外出を許してくれるわけがない。いつ発熱の発作が起きるかわからないし、長年寝たままの生活をしている雅樹はうまく歩くことができないからだ。その点は僕が車椅子を押せばいいだけのことだからそんなに大した問題ではないのだが、それでもおばさんを説得するためには、雅樹の担当医である植田先生にもっともらしい理由をでっち上げてもらう必要があった。
僕達はまず正直に、看護婦の池上さんに「女の子に会いに行きたい」と言うことにした。池上さんは小児病棟内では婦長の次に古株で、雅樹の世話を一番古くから見てくれている人だ。これまでも時々無理を言っては外に連れ出してもらったりしたことがあった。雅樹の一番の理解者であり(もちろん僕を除いてだが)、恋愛絡みの話には滅法弱いことを知っていたからだ。ちなみに、雅樹は彼女の風の匂いを「群生する向日葵を見下ろす太陽」と表した。
その池上さんでさえも、僕達の話を聞いて明らかに困った顔をした。この人は何か困ったことがあるとこめかみに人差し指を持っていく癖があるのだが、今まさにその状態なのである。
「玄武岬ねぇ…。それはちょっと遠すぎるわ。病院の外を散歩するのとはわけが違うのよ?」
そうなのだ。自転車で行くとなれば1時間ほどで着いてしまうのだが、車椅子を押して、となるとそうはいかない。なんせそこまでの道がまだ鋪装されていないのだ。この文明化された時代にそんなことがあるかとお思いの向きもあろうが、本当なのだから仕方がない。僕だって愛用するマウンテンバイクでやっとこさ辿り着いたところなのだ。車椅子で移動するには骨が折れるどころの騒ぎではない。といって、そのことは僕達にとっては大した問題にはならなかった。要は我慢すればいいだけの話だ。でも雅樹の場合は事態がさらに深刻なのである。悪路を行くことで、彼の身体が衝撃のために悪影響を受けることは明らかだった。
しかし、そんなことで引き下がれる僕と雅樹ではない。
「そこをなんとかお願いできませんか? 雅樹の世話は責任を持って僕がしますから。雅樹を彼女に会わせてやりたいんです」
ベッド脇の丸椅子に座った池上さんは、テーブルをコツコツと叩きながら言った。
「そこなのよ、問題は。行っても会えるとは限らないんでしょう?」
ぐっ、と息が詰まった。痛いところを突くなぁ、この人は。
しかし、そんな僕をよそに雅樹はまたしてもきっぱりと言い放った。
「絶対会えるよ。わかるんだ。彼女はきっとそこに来る」 
沈黙。暖房の音だけが低くうなり声をたてている。腕を組んでしばらく眉間にしわを寄せていた池上さんは、「しょうがないわねぇ」と呟いた。僕はそれを聞いて雅樹の方を向いて小さくガッツポーズをとった。雅樹も快心の笑みを漏らした。これで彼女に会いに行ける。そう思った時、池上さんは「でもね」と言った。
「確かに最近は発作も出てないし、大分落ち着いた状態が続いてるけど、まだ病気が治ったわけじゃないわ。先生がなんておっしゃるかが問題ね」
それも承知の上である。池上さんを味方にして植田先生に掛け合ってもらう。これが僕達の描いた計画なのだ。無言で先を促す。
「婦長と相談して先生に掛け合ってみるわね。でもそれでだめなら諦めるのよ?」
そこで予想外の名前がでてきた。婦長? 頭の中に、僕達が「ザマス眼鏡」と呼んでいる赤いセルフレームの眼鏡をかけた婦長の小林さんの顔が浮かんだ。それはマズイ。僕達が病室を抜け出す度にガミガミと説教をしに来る彼女が、果たして許してくれるだろうか?
そして、100キロを越す巨漢を持ち、ものすごく厳しくて頑固だと患者達の間で囁かれている植田先生。僕達の目の前に立ちはだかる壁は余りにも分厚く、歪に高い。
しかし僕達にはこれ以上出来ることが無い。ここは池上さんにお願いするしかないのだ。
まずは結果を待ってみよう。そう言ってその日僕は病室をあとにした。
翌日、病室に入った僕を待っていたのは植田先生の恐ろしい顔と、静かながらも圧倒的な重さを感じる声だった。最悪の展開だ、と僕は天を仰ぎたくなった。先生がこういう声で話すのは入院している子供達が悪戯をしたりした時や、何かを咎めたりする時だ。僕や雅樹も何度かこの声に泣かされたことがある。雅樹はベッドを見つめ、今にも泣き出しそうな顔をしていた。14歳になっても昔から怖いものは怖いのだ。
「君たちは一体何を考えとるんだ? 病気は治りかけてる時に無理するのが一番よくないんだぞ。それが解っててそんなことを言っとるのか?」
何を言っても無駄だった。途中から池上さんも一緒に頼んでくれたが、逆に一喝され、おまけに池上さんまで先生に怒られることになってしまった。
ひとしきり説教を終えると植田先生は「とにかく、もう少しの所まで来とるんだから。無茶は止めて、しっかり治すことに専念しよう」と言って出ていってしまった。池上さんも「残念だったわね」と申し訳なさそうに言い残して病室を出た。雅樹はさっきからじっとシーツを握りしめた両手を凝視している。端正な顔だちを象徴する口元が苦し気に歪んでいた。
「しかたない、か」
僕の声に雅樹の肩が一瞬震え、怯えたような目を僕に向けた。僕はその顔をちらっと見て笑った。
「抜け出す方法考えようぜ!」
雅樹の顔が満面の笑みに変わったのはもちろん、言うまでもない。
こうして仕方なく強行突破の手段を選んだ僕達だったが、具体的な戦略は未だに考え付かずにいた。一応、夜勤に入る看護婦さんのローテーションや、車椅子の保管場所など調べることはできたのだが、どうしてもそこまでだった。なんせ彼女が何日の何時にあらわれるか、それが全く分からないのだ。決行日の決まらない計画などたてられるわけがない。
そうこうしている間に学校は春休みに入っていた。ローカルな天気予報でも「そろそろ春一番が各地で吹きそうな気配です」とキャスターが口にするような時期。
そんなある日、我が親友はまたしても重大な手がかりを夢から得てくれた。どうやら彼女は東風とともに現れるらしい。最初雅樹に「彼女、コチの匂いがするんだ」と言われた時、僕はコチのことを魚か何かだと思っていた。そんな名前のヌメヌメした魚のことを聞いたことがあるような気がしたのだ。魚臭い女の子か、ちょっとやだなとか思っていると雅樹に爆笑された。
「勇太。コチっていうのは春風のこと。東に風って書いてそう読むんだぜ」
なんだよ、最初から春風って言えよ。と思ったのだがあまりに雅樹が可笑しそうに笑っているので、僕まで一緒になって笑ってしまった。
とにかく、一応の目安はできた。その日から天気予報を毎日欠かさず見ることが僕達の日課になった。普段天気予報などあまり気にも留めなかった僕が、天気予報が始まる度にテレビの前に正座するのだ。考えてみれば確かに薄気味悪い。
そして運命の一言は案外早く発せられた。その世紀の大予言をしでかしたのは少し禿げかかった頭を几帳面に七三になでつけた眼鏡のオッサンだった。どうせならキレイなお姉さんが言ってくれたら幸先よかったのに。
その大予言では、春一番は3日後の明け方に吹くだろうということだった。
明け方。それは願ってもない時間帯だ。それなら夜中に病院を抜け出せば誰にも気付かれることなく岬まで辿り着くことも可能なはずで、もしそうでなくとも抜け出すのは夜中にしよう、ということは前から決めていたことだったのだ。
翌日、ナースステーションの動きと車椅子を最終確認した後、雅樹と最後の打ち合わせをした。雅樹はその日のために他の病室の子に予め深夜にナースコールをかけてもらうことを約束させていた。そのコールで看護婦が出払った瞬間に病院を抜け出す。守衛は全部で2人。出口さえ間違わなければまず見つかることはない。
僕達の計画は完璧だった。
そして僕は出発の時まで惰眠を貪ることにした。なんせ夜通し車椅子を押さなければならないのだ。僕が睡眠不足で倒れてしまっては話にならない。
決行の日。僕は家を出る時に妙な昂揚を抑えることができなかった。内臓が身体の内部から押し上げられているような圧迫感がどうしても消えなかった。なぜだろう。別に自分が愛しい人と出会うわけではない。禁止されていることを敢えてやろうとしているやましさからだろうか。否、違う。これぐらいの脱走なら何度でもしたことがあった。
では何故。
ここで僕はもう少し自分の感情をより深く観察するべきだったのかも知れない。しかしその時の僕は来るべき親友と未知なる少女との出会いが自分を興奮させているのだろうと簡単に片付けてしまった。
それは名状しがたいある種の予感であったに違いない。
病院に潜り込んだ僕は、雅樹の病室へ行く前に車椅子を確保しに行った。保管場所は小児病棟と一般外科病棟の間をつなぐ通路の途中の一室だ。扉に鍵が掛かっていないのもすでに調査済みだった。行儀よく並んだ車椅子の中から一台抜き出して雅樹のところへと向かう。
雅樹はすでに防寒用のジャンパーまで着込んで僕を待っていた。僕が来る前に看護婦が来たらどうするつもりだったんだよ、と僕が軽くなじると、雅樹にしては珍しく「あ、気が付かなかった」と自分の失策を認めた。それほど舞い上がってしまっている、ということだろう。二人で小声で笑っていると、部屋の外が僅かに騒がしくなった。ナースコールがかかったのだろう。車椅子に乗り込んだ雅樹がいつになく真剣な面持ちで頷いた。それに頷き返すと、僕はゆっくり車椅子を押し始めた。
脱走劇はいかにも呆気無いものだった。僕達は誰に咎められることもなく簡単に郊外まで進むことができた。道の状態は次第に悪くなってきていたが、雅樹もそれほど苦にしている風でもなく、旅は順調にすすんでいった。
車椅子を押して歩きながら、僕達はいろんな話をした。屋根が無い、という解放感からかも知れないし、夜空を彩っている無数の星の所為かも知れなかったが、とにかく僕達はいろんな話をした。
雅樹はずっと病院で暮らしていて、学校の勉強をほとんどしていない。数学は言うまでもなく、算数も掛算、割算が出来るぐらいのものだ。それでも、学校で勉強している生徒達よりたくさんのことを知っていた。それは様々な国の歴史であったり、文化であったり、音楽や哲学だったりした。
「見えないからこそ、いろんな知識を取り込むことができるんだ。僕には先入観というものが全く無いからね。触れた物、聞こえた音、嗅いだ匂い。それらは全部僕の知識になって僕の中に在る」
僕は学校の誰と話すより雅樹と話しているのが楽しかった。僕のヴァイオリンが上手くなるのを一番楽しみにしてくれているのも雅樹だったし、僕の話すことを真剣に理解してくれるのも雅樹だけだった。
僕は確かに健常者ではあるけれど、それだけだった。最近ようやくヴァイオリンも人に聴かせられるぐらいにはなったけれど、やはりそれだけだ。しかし、何か自分で誇れる物があるかと聞かれれば、僕は胸を張って答えるだろう。宮口雅樹という親友がいることだ、と。
そんな僕の気持ちを知ってか知らいでか、当の雅樹は『春』の第1楽章を呑気に口ずさんでいる。僕はそれに合わせてバスパートや対旋律をくちずさむ。ちらりと腕時計に目をやると午前4時になろうとしていた。病院を出てからもう3時間は経つ。残りの道程はもう四分の一あるかないかのはずだ。東の空はまだ明るくなる気配を見せてはいない。
それまでの林の中を抜けやや開けたところに出ると、遥か前方に玄武岬の影が見えるようになり、雅樹はそれ以後ほとんど喋らなくなった。いよいよ憧れの彼女とご対面できるのだ、緊張するなと言う方が無理というものだろう。
東の空の色が徐々に薄くなってきた。それを告げると、雅樹はゆっくりと頷いた。僕自身の逸る気持ちを抑えて雅樹を気遣いながら速く進むというのは、想像以上に堪える作業だった。
午前5時18分。雅樹と僕は玄武岬に到着した。あとは彼女が現れるのを待つだけだ。
僕は車椅子から手を離して雅樹の前に回り込んだ。
「着いたぜ」
しかし、雅樹の顔は僕が予想していたものとはかけ離れた、苦悶に満ちた表情だった。
「雅樹っ、雅樹っ?!」
肩に両手を添え、軽く揺さぶるようにして呼んだ。雅樹は少し笑って「やっと、着いたか」と途切れ途切れに呟いた。呼吸の荒さが痛々しい。額に触れると、かなりの発熱を起こしている。
僕は激しく自分を罵った。何故もっと早く気が付かなかった? 何が責任もって世話します、だ? 自分のミスだ、自分の所為で親友が苦しんでいる。
「ありがとな」
雅樹がまた呟いた。
「ここまで来れた。勇太のおかげだよ。感謝してる」
僕の両目からは既に悔恨の涙が溢れていた。
「雅樹、雅樹ぃ……」
「なんだ、泣くなよ。ちゃんと着いたんだからさ。勇太の所為じゃないって」
そう言って雅樹はふらふらと立ち上がった。途端によろめくのを慌てて支える。
「もうすぐ、彼女が来るんだからさ。ちょっと肩貸しててくれよ」
今さら後悔したって遅い。それは解っていた。
それなら今の自分が雅樹にしてやれることは何だ?
彼女が現れるまで雅樹の側にいて、支えてやることだけだ。
一瞬、雅樹の膝ががくっと落ちた。何とか抱きかかえ、もとの体勢に戻す。こうまでして雅樹が立っていたいのは痛い程よく解った。座りながら女の子を迎えるのは騎士道に反する。そういうやつなのだ。
「頼むよ。それにしても勇太、体力無いなぁ。そんなんで支えられるのか?」
「オケ部をなめるなよ。そこらのなまくら運動部よりよっぽどきついんだぜ」
「……そうだった」
雅樹がへへっと力なく笑う。僕もそれに合わせて少し笑う。束の間、二人のへんてこな笑い声が辺りを支配した。
不意に雅樹の笑い声がとまった。
「雅樹っ?」
「来た……」
そう言って雅樹は僕の肩を離れよろよろと岬の先端へ向かって歩み寄った。手を差し伸べるその延長線上でまさに太陽が顔をのぞかせようとしている。
「逢いに来たよ」
その時のことを、僕は多分一生忘れないだろう。それは太陽の足下からやってきたようだった。雅樹を両腕をすり抜けたそれは、僕のところまでやってきた。そしてそのまま僕をも通り過ぎていった。
それは、風だったのだと思う。思う、というのには理由が在る。その流れが実際に僕に見えたのだ。だから僕としては風だったと思うとしか言い様がない。風は本来見えないものだし、風事体が何かを形状することもまた、有り得ないことなのだから。
それが通り過ぎていく時間。その正確な長さは判らない。が、おそらく10秒足らずだったのではないだろうか。しかしその間に雅樹と彼女は実に多くの会話をしているようだった。内容は分からないし、雅樹の表情も、彼が背を向けているので分からない。それでも雅樹の感情が僕の中に流れ込んできていた。文字どおり夢にまで見た彼女に会えて嬉しいという気持ち、そして人を愛するという気持ち。すべての感情が風を媒介として雅樹と、彼女と、そして僕の中を疾走している。しかもそれらはまるで僕が彼女と会話をしているかのように違和感なく僕の中に在った。
感情、色、形、音、匂い。すべてが混在して、しかしそれぞれが完全に独立した目に見える風が僕達を通り抜けていった。
風が行ってしまうのと、雅樹が崩れ落ちるのが同時だった。なんとか倒れ込む前に身体を抱え、ゆっくりと横にする。その顔に先ほどまでの苦悶の表情は一欠片も無かった。
「見た?」
「うん。雅樹のスケッチ通りだった」
「行っちゃったな」
「うん。あっという間だった」
太陽はもう完全に昇りきっていた。風は元の穏やかな潮風に戻っている。海は圧倒的に存在し続けていて、僕達は堂々と生きていた。何を恥じることなく、卑屈になることなく、ただ生きていた。
遠くから僕達の名前を呼ぶ声がした。

僕達は、風とともに往きたかった。

了