白天

沖縄の空は、高い。海が透き通っているのと同じぐらいにね。
父親の仕事の都合で、小さな頃から日本中いろんなところに住んだ僕は、今でもそう思っている。この国に、あんな空は他に無いって。
だから初めて北海道に来た時は、冗談じゃなく度肝を抜かれた感じがした。北海道の空は、呆れるぐらいに広い。思いきりジャンプしたらそのまま吸い込まれてしまうような、そんな広さを持ってるんだ。

「比嘉!」
突然の怒号にびくっと体が震えた。教室全体に柔らかな失笑が沸く。そう言えば今は日本史の授業中だった。ゲジマユがこちらを睨んでいる。あ、比嘉というのは僕の名前。
「貴様、儂の授業を何だと思っとるんだ一体」
彼は静かに言った。
「えぇと、日本史…ですよねぇ」
僕の間の抜けた返答に、彼は綺麗に禿げ上がった頭をみるみる紅潮させた。今度は教室中に押し殺したような笑いが広がる。
「そんなことを訊いとるんじゃない! 窓の外ばっかり見おって…貴様今が大事な時期だということをちゃんと解っとるのか!」
「あ、はい。いやあの…すいません」
ゲジマユはいくら言っても無駄だと判断したのだろう、長く息を吐くと、再び教科書と黒板に向き直った。

北海道の片田舎にある高校に転入してから、もう3か月が経とうとしていた。高校2年の二学期と言えば、そろそろ進路のことも考えなければいけない時期で、そういう意味ではゲジマユの言うことは何も間違ってない。ただ、僕はまだ自分の将来を想像することすら出来なくて、彼が何をそんなに焦っているのかは、理解が出来ないのだった。
このまま勉強して、いい成績とって、大学に行って、何とか就職して出来上がった自分は、一体どんなヤツだろう。きっとあんまり面白みの無い青年が一人、出来上がるだけだ。
帰宅の道すがらそんなことを考えているうちに、家に着いた。今日も親父は家にいないはずだ。誰にも声をかけずに玄関から荷物を放り込み、そのまま家を出た。
バスに乗り込み、学校の荷物と引き換えに持ってきた、筒状の荷物を見る。今、僕が一番ハマっているのがこれだ。夏の終わりに北海道に来た時も、いや、親父に次の行き先が北海道だと聞かされた時点で、これが身近に感じられる生活に、胸が高鳴ったのを覚えている。
沖縄生まれの僕がスキーだなんて、おかしいと思うだろう。実際、地元の友人たちの多くは、まだ雪を見たたことも無いんだから。でも僕の場合は沖縄を小さい時に出てしまっていたし、今はもういない母が北国出身の人だったから、母に連れられなんとなく始めて、そのまま好きになってしまったのだ。今では、独学の割にはわりと自分でも滑れる方だと思っている。
僕の今住んでいるところから15分もバスに乗れば、ちょっとこじんまりしてはいるけど、なかなかいい感じのスキー場に着ける。近頃は、放課後にここに来るのが一番の楽しみになっている。

更衣室のロッカーからウェアを取り出し、板を抱えてゲレンデへ飛び出していく。動きにくいスキーブーツに、もどかしい思いをしながらリフトを目指す。今日も人波はそんなに大したことはない。それはそうだ、こんな辺鄙なところまでわざわざやってくる観光客なんてなかなかいないし、シーズンはまだまだ始まったばかりで、そもそも大のスキー狂ぐらいしかまだ集まらない。
リフトが上へ運ぶのに身を任せて、少しの間目を閉じて呼吸を止める。雪は降っていないし、風もほとんど無い。
ごうんごうん。
機械音のみが僕を包み込んでいく。この、静かに自分が頂へと押し上げられていく感じが僕は大好きだ。
音の質が変わり、終点が近付いていることに気付いた。ストックを握り直して、降りる準備。初めてスキーをしたとき、リフトから降りられなくて泣いたことがあったなぁと思って少し笑う。
ゲレンデの頂上に立って、下を見下ろしてみる。このスキー場にはそんなに厳しいコースは無くて、今立っているこのコースも傾斜こそややきついものの、林の中を縫って進む穏やかなコースになっている。
体重を前に預け、滑り出す。自分の思う通りのシュプールを描きながら、純白の壁を切り裂いていく。柔らかい雪が、僕のすぐ後ろを舞い上がった。体重を次々に移動させ、リズミカルにターンを決めていく。今日も調子は悪くないみたいだ。板もよく滑っている。
名前も分からないような木々が、目の前に現れては、すぐさま後方へ流れていった。コースには他に滑っている人も少なく、ただ風の音と跳ね飛ばした雪の音だけが、凍った空気にその存在を誇示している。

何本か滑った後少し息をついていると、不意に背後から自分を呼ぶ声が聞こえた気がした。
こんなところで知り合いに会うもんかなぁと怪訝に思いながら振り向くと、3人のスノーボーダーがこちらに向かって手を振っている。駆け寄ってきたそのうち一人の姿が克明になると、僕は「あ」と声を漏らすことになった。
「比嘉君もここ、来てたんだね」
そう言って微笑んだのは、同じクラスの時田真尋だった。小柄な体と短めに切り揃えた髪型のおかげでボーイッシュな雰囲気を持つ彼女だけど、だぼっとしたボードウェアを着るとますます少年のように見える。
「ほら、やっぱり比嘉だって言ったしょー」
そう言いながら連れ立って歩く少年を小突いたのは三池慎弥、小突かれて少しむくれているのが小塚保。この二人もクラスメイトだ。
「なんでそんなに目、いいんだよ」
保がぶつぶつ言いながら中指で眼鏡をずり上げた。大柄な慎弥は自慢げに胸を張っている。
3人とも顔と名前は覚えていたんだけど、普段一緒にいるところを見ることもなかったから、僕としてはけっこう意外な組み合わせだった。そのことを口にすると、真尋は「学校は学校」と言って、にんまりしながら後ろ手に持っていたボードを僕の目の前に差し出した。それを慎弥と保も倣う。ボードには揃いのステッカーが貼ってある。
背中に翼を持った女性が祈りを捧げるように手を組みながら泣いている。その涙が後方に流れ、文字を象っていた。――Crying Goddes――そう読めた。
「俺たちチーム組んでんだ。エアーの」
慎弥がそう言って口の端をにぃっと引いた。エアー?聞き返す僕を保が、唇に人さし指を当てて制した。
「帰ってきた」
保が斜面の方にあごをしゃくる。促された方を見やると、一人のボーダーが気違いじみたスピードで滑降してきた。一瞬腰から下が消えると、次の瞬間ボーダーの体は空中に投げ出された。
ボーダーはしゃがむような体勢をとってボードに手を添え、左方向に体を捻りながら上下方向に一回転し、再びゲレンデに降り立った。
その間ほんの一秒かそこらだったんだろうけど、僕にはその一瞬がひどくスローに思えた。オオワシが上昇気流をとらえてホバリングしているような、周りの空気が酷く粘化して見えた。

我に返ると、3人が歓声を上げてそのボーダーが降りてくるのを迎えていた。慎弥は両手を挙げ、真尋は飛び跳ねて手を振っている。保はガッツポーズした後、きまり悪そうに顔をしかめ、また眼鏡の位置を直した。
そのボーダーの姿が大きくなるにつれ、僕の鼓動はどんどん激しくなっていった。見間違うわけがない。真っ黒でストレートな長髪を風になびかせ僕らの方へ滑ってきたのは、木崎志麻だ。
志麻はわずかに頬を上気させ、真っ白な息を吐いて、「お待たせ」と言った。そして僕の顔を見て「あら」と意外そうな顔をした。真尋が偶然僕に遭ったことを伝えると、「そうなんだ」と小さく言った。編入当初から、僕は彼女を斜め後ろの席から密かに見とれていたんである。言わば憧れの女子。
僕はしどろもどろになりながら、このスキー場は近いのでよく来てて、たまたま慎弥たちと遭ったのだということを彼女に言った。志麻はそれについて特に反応しなかったけど、代わりに保が「でも比嘉は沖縄出身だよな?」と疑問を口にした。自分がスキーをするようになったいきさつを話しながら、時折志麻を盗み見た。ボードについた雪を払い、リフトの方を見ている。ボードには同じステッカー。志麻も3人のチームに加わっているのは疑いようが無い。
ひょんなところで志麻に会えた僕はなんだかふわふわしてしまい、そんなことを考えていたら「もう1本行く?」という志麻の声に勢い込んで返事をしてしまった。4人がきょとんとした顔で僕を見ている。
「あ、いやあの、よかったら一緒に滑らせてもらえないかなぁってさ…」
最後の方はほとんど消え入ってしまってたんだけど、真尋と慎弥がすぐに笑顔で応じてくれた。
「行こう行こう!比嘉君のスキーの腕前も見てみたいしね」
真尋が同意を求めると、保は鼻を鳴らせて頷いた。志麻は興味の無さそうな顔をしていたけど、嫌がっている風では無さそうだった。

リフトから降り立ち、5人並んでゲレンデを見下ろした。
「いっくよー!」
そう言って飛び出した真尋を3人のボーダーがすぐさま追っていった。僕も慌てて自分の体を傾斜へと預ける。
4人は軽々とターンを決め、派手に粉雪を吹き飛ばしながら滑っていく。時折現れるブッシュでは、皆空中でポーズを決めた。真尋なんて時々後ろを振り返り手を振りながら器用に板を操っている。普段は無愛想な保までが、軽く歓声をあげながら滑っていて、みんな本当に楽しそうに笑っていた。
自分の体までもが軽くなったみたいに感じた。
志麻が、軽やかに体を反転させる。
最後に4人はさっき志麻が飛んだ小さなジャンプ台から、思い思いのポーズを決めながら宙を舞った。そう、まるで背中から羽が生えたみたいに。
気付けば僕も同じコースをたどっていた。スピードは十分にのっている。ジャンプの瞬間、無意識に腰を落として地面を蹴り上げた。
少し赤みを帯びてきた空が目の前に迫る。
下から見上げている志麻たちがひどく小さく見える。
と思ったら今度はあっという間に視界が空だけになり、すぐさま今度は真っ白になった。自分が後ろ方向に縦回転していると気付いたときには、もう斜面がすぐ目の前にあった。真尋の悲鳴が聞こえる。無我夢中で足を逆上がりの要領で前に投げ出した。
わずかな衝撃のあと、自分がなんとか着地したことに我ながら驚いた。だがこの後、僕は壮絶に転倒することになる。あとから保に言わせると、まぐれで着地して油断したのが原因だそうで、それからと言うもの、保は僕に、おっちょこちょいだとか早とちりだとかそういう類いのレッテルをべったりと貼付けてくれた。

とにかく、うめき声とともに顔を上げると、4人の心配そうな顔があって、僕が無事だと分かると、途端にそれが笑顔に塗り変わった。
そのときの志麻の言葉を、多分僕は一生忘れない。

「一緒に飛んでみない?」

Flying Goddesは、初めてそう僕に笑いかけたんだ。