灰になりし 我が

触れたかっただけでした。貴女の、体温を感じたかったのです。
そしてその涙を拭ってあげたかった。

長い間、それはそれは長い間、私は貴女を見つめ続けてきました。
私は誰よりも貴女の近くに居ましたし、貴女のことは誰よりもよく知っております。
短く刈り上げたその髪の意味も。
ふと心が弛緩した時に零れ落ちる涙の理由も。
どれだけ多くの友人達に囲まれていても訪れる、突然の孤独も。
歯痒いまでの喪失感も。探している何かが見つからないと云う焦燥も。

貴女は私に問いかけ。
私はそれに答えようとして足掻くのです。
この呪われた身体が何とか動きはしないかと。
そうして貴女は何かを諦め、私は此処にただ、在る。

朧月夜。
風がそよとも吹かず、風鈴も沈黙を守る或る日。
空高く薄らと架かった雲を流す大気の奔流が、私を呪縛から解き放ちました。
それは、或いは奇跡だったのかも知れません。しかし同時に残酷でもありました。

貴女は泣いていた。
私はぎこちなく四肢を動かし、貴女の方へ手を差し出しました。
貴女は瞬間、肩を震わせ、見開いた目で私を見ました。
そしてその瞳が徐々に恐怖の色を帯びてゆくのを、私は何処か醒めた感情で以て見ていたのです。
仲間たちの嘲る声が聞こえてきます。
愚かな夢を見るからだ。
淡い期待を抱くからだ。
裏切られて苦しいか?
それはお前の愚かな夢の所為だ。
希望を持つから裏切られるのだ。
締念しておればよい。傍観しておればよい。
我々はそう云う存在なのだ。

煉獄の炎に灼かれながら私は思うのです。
貴女が私に心を許したのは、私ニ心が無いト思ったかラでスカ?
貴女ガわたクシになミダを見せタノハ、ワタクしガ無反応ダカラデスカ?
ワタ、クシハ…アナタニト、ッテ……ナン、ダッタノ…デショ…ウ……カ?

そうして私は灰になりました。
今でも胸に焼き付いているのは、貴女の泣き顔と、己の身体が爆ぜてゆく音と、全身を包む朱だけです。
私はただ…貴女の涙を拭ってあげたかっただけなのです。